ダイエット大作戦

生活習慣病は、何故起こる・・?【ダイエットカロリーコントロール大作戦】

◆ がんや脳卒中、心筋梗塞等の生活習慣病の原因は何かご存知ですか・・・・?

不適切な食生活、運動不足、喫煙等が大きな原因になっているんです。

恐ろしい生活習慣病を予防するには、原因を断ち切ることが大事です。

また、高血圧症や糖尿病、脂質異常症(高脂血症)などの生活習慣病は主に内臓脂肪が原因であることがわかっています。

このような原因が重なると動脈硬化が進み、脳卒中や心筋梗塞などの循環器病を引き起こす確立がますます高まります。

生活習慣病の予防は、食生活や運動、疲労、喫煙など、毎日の生活習慣を見直すのが基本です。

年に1度は健康診断を行い健康を管理すると伴に生活習慣をコントロールすることが大切です。


生活習慣病(せいかつしゅうかんびょう、英:lifestyle related disease,仏:maladie de comportement,独:Zivilisationskrankheit)とは、糖尿病・脂質異常症・高血圧・高尿酸血症など、生活習慣が発症原因に深く関与していると考えられている疾患の総称である。このような疾患と肥満を複合する状態を、医学的にメタボリックシンドロームと総称する。また、がん、脳血管疾患、心臓病の3大死因も生活習慣との関わりが強い。肥満はこれらの疾患になるリスクを上げる。

かつては加齢によって発病すると考えられたために成人病(せいじんびょう)と呼ばれたが、長年の生活習慣が深く関与していることが判明してきた。このため、1997年頃から予防できるという認識を醸成することを目的として導入されるようになった[1]。しかし、現在でも呼称として成人病センターや保険の成人病特約などのように広く残っている。 成人病という概念は、昭和30年代に「主として、脳卒中、がん、心臓病などの40歳前後から死亡率が高くなり、しかも全死因の中でも上位を占め、40〜60歳くらいの働き盛りに多い疾病」として行政的に提唱されたものといわれる。がん、脳卒中、心臓病は「3大成人病」とされ、集団検診による早期発見、早期治療の体制が進められた。

しかし、生活習慣の激変により、成人していない子どもが糖尿病を発症するというようなケースが増えている[要出典]。また、この「生活習慣病」には自己免疫疾患や先天性要因などの遺伝的要因や家族性要因といった「生活習慣に関わらず発症」する場合[2][3][4][5]が存在しており、必ずしも生活習慣のみで予防と治療を行えるものではないことには注意する必要がある。
(ウィキペディアより)


posted by ka at 22:06 | Comment(0) | カロリーコントロール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。