ダイエット大作戦

脂肪燃焼のダイエット効果!【ダイエットカロリーコントロール大作戦】

カロリーコントロールに加え
体脂肪を燃焼しやすくすることで
ダイエット効果を高めることができるんです。

あなたはご存知でしたか・・・・?

こんな方法・・・・

◆伊達式脂肪燃焼手帳

伊達式脂肪燃焼手帳 
働く人のための食べやせ術



【内容情報】(「BOOK」データベースより)

焼き肉、牛丼、ステーキ…がっつりご飯も、食べ合わせで脂肪を燃やす。働く人のための食べやせ術。

【目次】(「BOOK」データベースより)

第1章 燃やすということ―やせて、デキる人になるための極意(たして燃やす、テトリスの原理が伊達式ダイエット/燃やせる体は高性能のエンジンを積んでいる ほか)/

第2章 伊達式・燃やす食べもの選びの法則―肉や油も選び方しだいで脂肪が燃焼(覚えておきたい、6つの燃やすキーワード/「ダイエットに鶏肉」は間違い。羊・牛・豚が燃焼系ベスト3 ほか)/

第3章 燃やす体化計画・デイリー―脂肪燃焼効果がグングン上がる1日の食べ方(体のメカニズムに合わせて燃やす、食べる/朝食は水とくだもので毒素を排出し、燃やす準備開始! ほか)/

第4章 燃やす食べ方カレンダー―季節に合わせて1年中、いつでも燃やすコツ(燃やすベストシーズンは冬。暑さより寒さが脂肪を燃やす!/冬の寒さは燃やしのスイッチ。代謝を妨げる風邪には注意を ほか)

著者プロフィール

名前 伊達友美
性別 女性
誕生日 8月11日
生まれ 1967年
趣味 ダイエット  ファッション  コスメ・スキンケア  健康  映画  テレビ  マンガ・アニメ  海外旅行
職業 管理栄養士・ダイエットカウンセラー
自己紹介
★公式ホームページ http://omakase-diet.com/
 銀座アンチエイジングラボラトリー、保科クリニック、鎌倉皮膚科クリニック カウンセラー
 日本抗加齢医学会認定指導士
1967年、静岡県浜松市生まれ。
日本栄養士会、東京都栄養士会、日本産業衛生医学会、
日本メンズヘルス医学会、日本ニュートリショニスト協会会員。
専門:ダイエット、心と身体と性にまつわる栄養学=ホリスティック・ニュートリション。
これまでに3000人以上の減量栄養指導を経験。単なる減量ではなく、「ボディラインと肌を美しく変身させる」ことを目的とした指導法。
自らも20kgのダイエットとニキビ肌改善の体験を持つ
著書:
「夜中にラーメン食べても太らない技術」(扶桑社新書)
「愛されボディダイエット」(幻冬舎文庫)
「やせたい人は食べなさい」(幻冬舎)
「新・食べやせ革命」〜挫折知らずのノンストレスダイエット〜(大和出版) 
「超うる肌美人」〜キレイは食べてつくる〜(大和書房) 
「食べてやせる魔法のダイエット」(宝島社) 
「食べてきれいにやせる!」(幻冬舎) 
「もういちど恋したい!アンチエイジング・ダイエット」(ライブドアパブリッシング)





posted by ka at 15:00 | カロリーコントロール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あなたはカロリーが高い食品を、見分けられますか・・・?【ダイエットカロリーコントロール大作戦】

ダイエットで気になるのが食品のカロリーです。

低カロリーだと思って安心して食べていたら
実は、結構カロリーが高かった・・・・
なんていうこともあるんですよ。

食品のカロリーについて知識があると
おのずとカロリーがコントロールできるようになります。

ダイエットを始める前にまず食品のカロリーについて
もう少し詳しく勉強してみませんか・・・?

「なかなか痩せない」と悩んでいる方は、
今の食事がどの位のカロリーなのか確認してみましょう。

食べ合わせなど、思わぬ落とし穴が潜んでいるかもしれませんよ。

◆「食べ合わせ」でキレイにやせる!

TBS系列『ドリームプレス社』に出演中の伊達友美先生が、「食べても太らない」技術を詰めこんだ究極のダイエット・レシピを紹介。

ラーメン+野菜ジュース、焼き肉+キムチなど、「食べ合わせ」の工夫次第で食べたいときに食べたい物を食べられる夢のようなダイエット理論です。

森三中・黒沢さんも実践し成功した持ち歩きMY調味料、「酢」「エゴマ」「オリーブオイル」「七味唐辛子」の秘密も大公開。

巻末に食べ合わせリスト掲載!

◆「食べ合わせ」でキレイにやせる!


著者: 伊達友美
出版社: 宝島社
本体価格 1,143円 (税込 1,200 円) 送料別
タグ:伊達友美
posted by ka at 08:46 | カロリーコントロール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダイエット大作戦

人気上昇はなまるダイエット!【ダイエットカロリーコントロール大作戦】

はなまるダイエット★楽天ランキング連続1位まんぷくダイエット待望の短期プログラム版!


詳しくはここをクリックしてください。



スリムになって「きれい」と言わせるには、
マクロビオティックダイエットが一番早い!

驚くほどローファット・ローカロリーなのに
美味しく・おなかいっぱいだから続けられる。

ストレスがないからリバウンドも出にくい。
体のことを想い続けた優しいダイエットです。


今、世界中から日本の昔ながらの食事が注目!!
短期集中「マクロビオティックダイエット」が完成。

しかし、カロリーを押さえるだけだと代謝に必要な
筋肉が落ちてしまします。

必ず、運動と併用することを心がけましょう。


はなまるダイエットは、京都で毎日少しだけ作られております。

これは、関係スタッフの徹底した品質管理のもと、
食材選びの段階から時間をかけて、機械を一切使わずに、
一つ一つ、丹念な手切りで食材を調理しているためです。
誠に残念ですが一度に沢山の方へお売りする事ができません。
売り切れとなっている際は次回の販売会をお待ちくださいますよう
何卒、よろしくおねがい申し上げます。<(_ _)>
ご用意数がなくなり次第終了となりますので
心も体も美しく健康になりたい方は是非どうぞ!
(メタボリックシンドローム対策にもお勧めです)


はなまるダイエット⇒もっと詳しく
posted by ka at 07:32 | カロリーコントロール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダイエット大作戦

ダイエットで健康管理【ダイエットカロリーコントロール大作戦】

◆健康を考えたダイエットを・・・

ダイエットは本来健康維持のために行われるものです。
美容のために行う方が居られますが、無理なダイエットは体調が崩れることによって肌荒れや血行不良はては、病気の原因にもなりかねません。

健康と両立させることによって、あなたに合った体系を、手に入れてください。

健康的な体を、維持することであなたの若さやスタイルがキープできます。

◆ダイエットと合わせて生活習慣病を考える

生活習慣病は、不適切な食生活・運動不足・喫煙習慣などから予備軍が増加しています。

日本人の死亡原因は、脳卒中・虚血性心疾患などの循環器病とがんの割合が多いと言われています。その原因は生活習慣が起因する生活習慣病です。

生活習慣病の予防には若い頃からの早期の対応が必要です。具体的には「運動」、「食事」などの生活習慣の改善、禁煙などが大切です。

また、喫煙については肺がんや喉頭がんなどにかかる確率が高くなることがわかっています。がんも生活習慣の改善である程度予防できるのですが、定期的な検診による早期発見・早期治療が大切です。

以下に厚生労働省が推薦する生活習慣の改善目標を記載しておきます。

◆「健康日本21」の生活習慣の改善の目標

『体重』
適正体重の維持:BMI<25
BMI=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)

『運動習慣の徹底』
日常生活における歩数:
男性 9,200歩/日 女性 8,300歩/日

『食生活の改善・食育の推進』
脂肪によるエネルギー摂取:
25%以下(20から40歳代)

野菜の摂取量の増加: 350g以上/日

『メタボリックシンドローム』
メタボリックシンドロームを
知っている人の割合: 80%以上/全国

メタボリックシンドロームの
該当者・予備軍の減少:
10/25%以上の減少(平成24/27年)(対平成20年)

厚生労働省では以上の目標を掲げています。



posted by ka at 10:14 | カロリーコントロール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダイエット大作戦

生活習慣病は、何故起こる・・?【ダイエットカロリーコントロール大作戦】

◆ がんや脳卒中、心筋梗塞等の生活習慣病の原因は何かご存知ですか・・・・?

不適切な食生活、運動不足、喫煙等が大きな原因になっているんです。

恐ろしい生活習慣病を予防するには、原因を断ち切ることが大事です。

また、高血圧症や糖尿病、脂質異常症(高脂血症)などの生活習慣病は主に内臓脂肪が原因であることがわかっています。

このような原因が重なると動脈硬化が進み、脳卒中や心筋梗塞などの循環器病を引き起こす確立がますます高まります。

生活習慣病の予防は、食生活や運動、疲労、喫煙など、毎日の生活習慣を見直すのが基本です。

年に1度は健康診断を行い健康を管理すると伴に生活習慣をコントロールすることが大切です。


生活習慣病(せいかつしゅうかんびょう、英:lifestyle related disease,仏:maladie de comportement,独:Zivilisationskrankheit)とは、糖尿病・脂質異常症・高血圧・高尿酸血症など、生活習慣が発症原因に深く関与していると考えられている疾患の総称である。このような疾患と肥満を複合する状態を、医学的にメタボリックシンドロームと総称する。また、がん、脳血管疾患、心臓病の3大死因も生活習慣との関わりが強い。肥満はこれらの疾患になるリスクを上げる。

かつては加齢によって発病すると考えられたために成人病(せいじんびょう)と呼ばれたが、長年の生活習慣が深く関与していることが判明してきた。このため、1997年頃から予防できるという認識を醸成することを目的として導入されるようになった[1]。しかし、現在でも呼称として成人病センターや保険の成人病特約などのように広く残っている。 成人病という概念は、昭和30年代に「主として、脳卒中、がん、心臓病などの40歳前後から死亡率が高くなり、しかも全死因の中でも上位を占め、40〜60歳くらいの働き盛りに多い疾病」として行政的に提唱されたものといわれる。がん、脳卒中、心臓病は「3大成人病」とされ、集団検診による早期発見、早期治療の体制が進められた。

しかし、生活習慣の激変により、成人していない子どもが糖尿病を発症するというようなケースが増えている[要出典]。また、この「生活習慣病」には自己免疫疾患や先天性要因などの遺伝的要因や家族性要因といった「生活習慣に関わらず発症」する場合[2][3][4][5]が存在しており、必ずしも生活習慣のみで予防と治療を行えるものではないことには注意する必要がある。
(ウィキペディアより)
posted by ka at 22:06 | Comment(0) | カロリーコントロール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダイエット大作戦

ダイエットのリバウンドは何故起きる・・・・???【ダイエットカロリーコントロール大作戦】

★ ダイエットの後にリバウンドした経験のある方にお尋ねします。

「あなたは何故リバウンドしてしまったか、お解りですか?」

ダイエット後にリバウンドしてダイエット前より太ってしまった言う話をよく耳にしますね。

何故、そんなことが起こるのでしょう・・・???

実は、急激なダイエットを行った為に、体の筋肉が減ってしまったことが主な原因なんです。

筋肉には脂肪を燃焼させる働きがあります。スポーツ選手などは筋肉が多いので、一般の方に比べ高カロリーを摂取しても太り難いんですね!

筋肉が減ってしまうと脂肪が燃焼し難くなります。急激なダイエットを行った後に、ダイエット前と同じカロリーの食事すると、以前より脂肪の燃焼量が少なくなっていますから、余計に脂肪が蓄えられるんです。だから、ダイエット前より太ってしまうんですね。

★ リバウンドを防ぐには・・・ 

リバウンドを防ぐには、急激なダイエットを避けて、体の筋肉が落ちないように、ゆっくりとカロリーコントロールを行わなければならないのです。


★「ダイエット」という言葉は、けっして痩せる事を指しているわけではありません。

健康維持のために行うカロリー等のコントロールなんです。 だから、健康を考えないダイエットは本来の意味から外れてしまっているんですね。 たとえ、太った方でなくても「健康管理」の面において、太らないように維持することが、大事だということです。


◆ ダイエットとは・・・・・?

英語辞典で調べたこと有りますか?

英語辞書では、dietを『食物、(日常的な)食事、餌』と定義しています。 また、diet control、diet therapyの略語として使われた場合『食餌療法のための「規定食」』という意味で使われることもあるようです。 日本語の場合は、後者を指してダイエットとしているようです。

つまり、ダイエットとは『食餌療法のための「規定食」』ですから、「健康」を維持し管理することなのですね。

◆ ダイエットの例

  • 摂取カロリーをコントロールすることでダイエットを行う。
  • 例:生活習慣病の予防、特定の治療効率の増大、痩身、またそれに伴う関節などへの負担を減少させ関節症などの症状を和らげることなどを目的として、食事の総カロリー量に一定の上限を設定する。「摂取カロリー<消費カロリー」の状態を保つことにより、体重が減少することを目的して行う。 etc.

  • 摂取成分をコントロールすることでダイエットを行う。
  • 例:高血圧における塩分制限、糖尿病における砂糖の制限(代替の人工甘味料を用いる場合がある)、高脂血症における油分の制限などで、該当疾病の病状増悪防止や予防、治療効率の向上を目的として行う。なお、糖尿病の場合は、前述「総カロリーの制限」も併用する。また、腎臓病の場合は、塩分やタンパク質の制限を行うことがある。 etc.


★ 成人病予防のためにも、カロリーコントロールを心がけましょう。

posted by ka at 12:19 | Comment(0) | カロリーコントロール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。