ダイエット大作戦

ダイエットの筋肉アップに効果【ダイエットカロリーコントロール大作戦】

◆筋力アップ運動


筋力アップのトレーニングというと、汗だくになって重い物を持ち上げる苦しい運動だと思われがちですが、簡単で時間を掛けずに行う方法もあります。まずは、1日5分間ぐらいの運動から徐々に増やしてゆきましょう。高い効果を得るには継続することが肝心です。


メタボリックシンドローム対策(予防・改善)シリーズの筋力トレーニング編。3種類の簡単なトレーニングを3セット行い、体を引き締めましょう!筋トレ編は、レッスン自体の消費カロリーは低いものの、体の筋肉量を増加させることで、日常生活での消費カロリ・・・・・





◆簡単で効果的な筋力アップトレーニング


●腕立て伏せ
胸部と腕の筋肉を鍛える事が出来ます。腕の力が弱い人や体格によっては負担がきつい方もおられます。そんな時は無理をしないでひざをついた形で行いましょう。また、テーブルやいすなどを利用して、手をつく所を高くすることで、腕の負担を調節することが出来ます。

●腹筋運動
あお向けになって、上体か足を上げる運動です。主に腹筋が鍛えられます。余裕のある方は90度まで曲げることが出来ますが、きつすぎる場合は、腹筋が緊張するまで上体を起こす程度でも効果が期待できます。無理せずに少しずつ負担を増やしてゆきましょう。

●屈伸運動
しゃがみこんだ姿勢から立ち上がることで、おしりと太ももの筋肉を鍛えます。余裕の無い方は、いすに腰掛けた状態から立ち上がるところから始めましょう。


◆筋肉の量を増やすことはダイエットの基本です。


ダイエットにはカロリーコントロールも重要ですが、太りにくい体質を作るのには、筋力トレーニングは欠かせません。

人間の体は何もしなくても1日に1200kcalのエネルギーを消費しています。

これを基礎代謝といいます。おもに、「心臓を動かす」「体温を保つ」「呼吸をする」など人間が生命を維持するのに最低限必要になる代謝量のことです。

筋力を増強するだけで基礎代謝自体もおよそ200kcal増えると言われています。だから、太りにくくなるんですね。

筋肉の量を増やすことはダイエットの基本です。筋肉を増やすことで、より多くのエネルギーが消費できるので肥満の解消や防止が出来るようになります。



posted by ka at 15:00 | 筋力トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダイエットと筋肉・・・?【ダイエットカロリーコントロール大作戦】

◆ダイエットに筋肉は必要・・・・?


一見、筋肉とダイエットは関係ないように思えますが、太りにくい体を作るには、筋肉が不可欠なんです。

筋肉が少ない人は、代謝量も少なくなります。このため代謝しきれなかったカロリーが脂肪として体の中に蓄えられてゆくのです。

中年になり筋力が低下すると、中年太りになります。これは、筋肉が減ってしまったことで、燃焼しきれなかったカロリーが体に蓄積されてゆくことが原因の1つです。

筋肉の減少に合わせて、カロリーをコントロールするか筋肉を落とさないようにするしかありません。

もちろん、両方を行えばより効果が見込めることになりますね。


◆筋力トレーニング


筋肉は、使えば増えてゆきます。また、使わなければ衰えます。日常の生活において、正しい姿勢を維持するためにも筋肉が必要なんです。

筋肉が、衰えることで正しい姿勢が保てなくなり骨盤のゆがみなども起こることが考えられます。

筋肉を鍛えることで、肥満の解消や予防にも効果が得られます。
あなたも、筋力アップにチャレンジしましょう。


短時間で効率よく脂肪を燃焼させ、引き締まった体を手に入れよう!脂肪燃焼サーキットは、有酸素運動(エアロビクス)と筋力トレーニングを交互に繰り返すエキサイティングなレッスン。体内に蓄えられた脂肪を燃焼させる有酸素運動と、日常生活の中で消費するカロリーを増加させる筋力トレーニングが同時に行えるので、ダイエットしたい方、体を引き締めたい方に大人気!![消費カロリーの目安:体重50kg→164kcal、60kg→197kcal]




★トレーニングは無理の無い範囲で行うことがポイントです。


いきなり負担の大きい運動をすることは、健康にとっても「百害有って一利無し」です。出来ることから出来る範囲で行うのがコツです。長く生活習慣として続けてゆくことを目標にしましょう。

posted by ka at 11:29 | 筋力トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。