ダイエット大作戦

体に必要な栄養【ダイエットカロリーコントロール大作戦】

◆体に必要な6つの栄養素


ダイエットを行う際には、バランスの取れた栄養を体に取り入れながらカロリーのコントロールを行ってゆく必要が有ります。

体に必要な栄養素は、たんぱく質、脂質、糖質、ミネラル、ビタミンの5大栄養素と食物繊維を合わせた6つの栄養素です。

体に必要な栄養を考えずに、ダイエットを行うとかえって健康を害し、リバウンドや病気の原因になってしまします。若々しい体を、保つためにも健康を維持することが大切です。

では、6つの栄養素にはどんな働きがあるのでしょう。


◆6つの栄養素は6つの栄養群から供給


6つの栄養素を食品として分類した場合に、6つの栄養群として分類することが出来ます。

第1群 肉、魚、卵、豆腐など
たんぱく質の供給源となる食材
・筋肉や骨をつくるもので体の維持に欠かせない栄養素です。

第2群 牛乳、乳製品、小魚、海藻など
カルシウムの供給源となる食材
・骨や歯をつくり、イライラの沈静に効果があります。

第3群 緑黄色野菜など
主にカロチン(ビタミンA)の供給源となる食材
・体の抵抗力を高めるのに必要な栄養素です、皮膚や粘膜を強くする効果もあります。

第4群 淡色野菜、果物など
主にビタミンCやミネラルの供給源となる食材
・酵素の働きをサポートして、体調を整える効果があります。

第5群 米、パン、麺類、いも類など
主に糖質の供給源となる食材
・糖質は体を動かす際のエネルギー源です。

第6群 バター、油類など
主に脂質の供給源となる食材
・脂質は体を動かす際のエネルギー源です。

ダイエット中においても健康を維持するために、以上の働きを考え6つの栄養群をバランスよく供給してゆく必要が有ります。


posted by ka at 11:13 | ダイエット中の食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダイエット大作戦

ダイエットをするなら計算しておきましょう・・【ダイエットカロリーコントロール大作戦】

◆ダイエットに糖尿病の方向けの食品を利用しましょう


ダイエットの際のカロリーコントロールには、糖尿病の方のために作られた低カロリー食品が便利です。


◆メーカー◆
【キューピー】
◆特長◆
キユーピーユニットカロリーグルメおかずセットは厚生労働省が許可した特別用途食品で、糖尿病の方のための組合わせ食品です。
おいしさにこだわり、低カロリーながら、ご満足いただけるように、1セット400g以上のボリュームにしました。
・麻婆豆腐・・・豆板醤と甜麺醤をふんだんに使い山椒をきかせた麻婆豆腐です。
・きのことたまごのスープ・・・きくらげとしいたけが入ったとろみのある中華スープです。ごま油の風味をきかせました。
・杏仁豆腐・・・生クリームが入った、なめらかで口当たりのよい杏仁豆腐です。
※240カロリー
【キューピー】
ユニットカロリーグルメ 
麻婆豆腐セット 440g
×3個セット
☆食料品 ※お取り寄せ商品 
価格 2,328円 (税込 2,444 円) 送料別




自分でカロリーを計算しながら作るのが面倒な方、仕事や家庭の事情でどうしても外食に頼らざるを得ない方は、カロリーコントロールをする際に使ってみましょう。

食品ごとにカロリーが表示されているので、自分にあった1日のカロリー摂取量の計算が簡単に行えます。

これなら、独身の方でも大丈夫ですね。

昼間の外食で取り過ぎたカロリーを計算しながらコントロールすることが可能です。



◆ダイエットを行うには、カロリー計算から


ダイエットを行うには自分に合った1日分のカロリー摂取量を、知っておくことが大事です。
ちなみに、平均的な値としたモデルケースでは、基本形を身体活動が普通以上の女性や身体活動量が低めの男性のカロリー消費量として2200±200kcalを想定しています。
これは、あくまでもモデルケースなので、ご自分の環境や体にあわせて調整を行う必要があります。




◆1日に必要なカロリーを計算しましょう。


●身長から適正体重を計算
まず、あなたの身長に対する適正な体重を計算してみましょう。
適正体重は次式によって求めることが出来ます。

身長(m)×身長(m)×22=適正体重

例えば、身長が1m60cmならば
1.65×1.65×22=59.895kgが、適正体重ということです。

●1kg当たりカロリーを確認
つぎに、あなたの行動から1kg当たりの必要なカロリーを確認しましょう。

・軽度な活動(一般事務、技術者など)の場合は
体重1kgあたり25〜30です。
・中程度の活動(製造業、サービス業、幼児のいる主婦など)の場合は
体重1kgあたり30〜35です。
・重い活動(農業、漁業、建設作業など)の場合は
体重1kgあたり35〜40です。
・重労働(スポーツ選手など)の場合は
体重1kgあたり40〜です。

上記の値が、体重一キロ当たりのカロリーの目安になります。

●適正体重に確認した値を掛け合わせる
確認した値はいくつでしたか・・・?
例えばあなたが中程度の活動を行っている場合
あなたに必要な1kg当たりのカロリーは30〜35になります。
あなたの身長が、165cmだった場合は、適正体重が59.895kg
ですから、適正体重にカロリーを掛け合わせます。
59.895kg×30〜35=1796〜2096kcal(キロカロリー)
あなたの1日に必要なカロリーの目安になります。

★如何でしたか・・・・ご自分の必要カロリー量はわかりましたか?ダイエットを行う際に、ぜひ参考にしてください。

タグ:ダイエット
posted by ka at 16:01 | ダイエット中の食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダイエットの食事・・・?【ダイエットカロリーコントロール大作戦】

◆ダイエットにはバランスの取れた食事が大切です。


健康に影響するような偏った食事を行うと、結果的に代謝が落ちてしまうこともあります。
バランスのよい食事で、健康な体を作ることがダイエットの基本です。


全国宅配・お惣菜屋さんe-mon屋の
レンジで簡単♪低カロリー&塩分控えめ!
カロリーリセット(Aセット) 【あす楽対応_近畿】
特別価格 4,500円 (税込) 送料別 
レンジでチン♪お野菜中心のバランス健康惣菜。低カロリーながら7食分でバランス良く栄養素を摂取できるように考えて造られています。




あなたは、単品を食べ続けるなど、無理なダイエットをしていませんか・・・?

結果的に脂肪とともに筋肉まで減らしてしまえば、リバウンドは避けられません。
筋肉を減らさない為の栄養もキチットとりましょう。


◆主食はセットで


ダイエットにはカロリーを減らすことも必要ですが、代謝を高める為にバランスの取れた栄養で、健康を維持することが大切です。
食事は、単品に偏ることなく「主食+副菜+主催+汁物」をセットにしてバランスよく栄養を取りましょう。

しかし、どうしてもバランスのよい食事ができない時は、一時的に乳製品や果物、卵などをとることで体に必要な栄養素を補うことも出来ます。

★生活スタイルに合わせ無理せずカロリーをコントロールするには、ダイエット用に作られた食材を用いることもポイントです。

◆健康を損ねるダイエットでは意味がありません・・・


ダイエットを行う時は、栄養の働きや個々のカロリーを知ることが肝心です。
食品に含まれる栄養素は、私たちの健康を維持し続ける為に無くてはならないものです。
なかでも必須アミノ酸を含むたんぱく質や脂質・糖質・ミネラル・ビタミンの5大栄養素と、食品繊維をバランスよく摂取することがポイントです。
エネルギーの必要量は、年齢・性別・生活活動で個人差がありますが、体に必要な栄養素には差はありません。
ダイエットはこのような知識を基本に健康を維持しながら続けることが大切なんですね。

posted by ka at 11:30 | ダイエット中の食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。